アークガーデンに子どもと一緒に行く時のポイント

子ども連れで楽しめる!アークガーデン

アークガーデンは、アークヒルズに人工的に作られた7つの庭のことを言います。
コンクリートジャングルのビル群に突然庭が出現したような感じで、今話題となっています。

メインガーデンを中心に、日本原産の植物を集めたフォーシーズンズガーデン、きらいなバラが咲き誇るローズガーデン、近隣のビルの上から見るときれいに見えるように植えられたルーフガーデンなど、今までにない新しい庭作りとなっています。

アークガーデンは子ども連れでも安心して楽しむことができます。
子どもたちがたくさんの植物に触れることで、植物の素晴らしさを学ぶことができます。
特に日本古来の植物をぜひ知ってもらいたいですね。開園時間は朝8:00から夜9:00までとなっているので、仕事帰りにふらっと立ち寄って、仕事の疲れを癒してもらうのも良いでしょう。
東京のオアシス的な場所として、憩いを提供してくれることと思います。
それから、入場料が必要ありませんので、お金がかからないのもうれしいですね。

アークガーデンのオススメポイント

東京都港区六本木にある「アークガーデン」のおすすめポイントは、アークヒルズおよびその周辺につくられた、都心にありながら緑豊かな7つの庭の、四季折々の草花を見ることでき、自然に触れて安らぎを得られることです。

アークタワーズ中庭にあるメインガーデンでは、庭造りに参加できるシステムもあります。
サントリーホール大ホール屋上のルーフガーデンは英国の国旗“ユニオンジャック”をデザインモチーフとした庭園で、同じ屋上にあるローズガーデンとともに、野鳥保護のために平素は非公開ですが、年に2回公開されています。

日本原産および古代日本に渡来した植物のみで構成するフォーシーズンズガーデン、その他テレビ朝日屋上のバックガーデンなどから、アークカラヤン広場、桜坂まで、都市と自然の新しい関係をさぐり、「人と共生していく緑」をつくりたいと考える花と緑の街づくりを、お散歩しながら堪能することができます。

    
サブコンテンツ

赤ちゃんモデルに合格するコツとは!?

このページの先頭へ