子供服ブランドモデルのお仕事

まず、ブランド服のキッズモデルになるにはそのブランドのオーディションを受けること。ブランド服のモデルは一般公募しているケースが多いので、事務所に所属していない子もたくさん応募してきます。
有名どころでは、子供服の販売サイト「jette(イエッテ)」が募集するカタログモデルオーディション、ベビー用品大手の「アカチャンホンポ」が募集するベビーモデル、さらにおむつメーカー大手の「パンパース」が募集する公式モデルなどでしょうか。

子供服ブランドモデル

ただし、オーディションを受けるには資格がいります。よくあるケースとしては、そのブランドの子供服を買ったら応募用紙がもらえるというものです。そのほか、当該ブランド店舗のメンバーズカードを持っていることを条件としているオーディションもありました。
応募するためにもある程度の投資、準備は必要なんですね。

次に、審査について解説してきましょう。まずは、書類審査から。応募数が多いので、ここでだいぶ厳選されますね。次に二次審査ですが、こちらはカメラチェックです。実際に会って表情やスタイルを確認するとともに、写真映りをチェックします。

こうして、厳しい審査をクリアした子供たちがキッズモデルとして活躍できるというわけです。

その他には、ブランドから事務所に連絡があり「この子を」と指名してくる場合も。まあ、これは、名の知れた子の場合ですけどね。

キッズモデルに選ばれやすい子は?

ハーフの子供モデルは有利?ブランド服のカタログを見ていてよくわかるように、ハーフの子や外国人の子は採用されやすいみたいですね。中には、ハーフの子と限定して募集するケースもあるみたい。まあ、こればっかりは私もどうしようもないですが…。

もちろん、日本人の子だってチャンスがないわけじゃないので、あんまり気にしないでくださいね。

あとは、スレンダーな子が選ばれやすい傾向がありますが、そうでないモデルの子もいますから、これもあんまりお気になさらずに。だって、育ちざかりの子どもにダイエットなんてさせられないもの!

でも、素直で明るい子って、どこに行っても好かれるので、明るい挨拶はきちんとできるようにしておきましょう。

それから、服をステキに見せるためには、姿勢や表情などもやっぱり大事ですね。

業界にもルールがある!

事務所に所属している場合は、事務所に許可を得て一般公募を受けてください。
というのも、競合企業のモデルを掛け持ちすることはできないからです。

そりゃあ、そうですよね。ブランドのイメージを象徴するモデルが、競合他社のモデルとして出るなんてありえませんから。
アメリカなどでは広告会社がある企業の広告を引き受けたら、同業界の競合他社とは契約しない…という不文律があります。たとえば、アップルコンピュータやゼネラルモータースのCMを制作した広告会社はマイクロソフトやフォードモーターのCMを作らない…といった感覚。

日本でも、こうしたアメリカ式の考え方が徐々に広がっており、こうした不文律を破ると次の仕事がもらえなくなる傾向にあります。モデル業界に入りたいなら、こうした業界ルールをきっちりと守らなくてはいけません。

それから、長期的にモデルとしてのキャリアを積みたいと考えているなら、ただやみくもにオーディションを受けるだけでなく、何を優先させたいのかよく考えてから受けるようにしておきたいですね。

子役を育てたママによる赤ちゃんオーディション必勝法

このページの先頭へ